USCPAとは

【取得する意味ない?】USCPA(米国公認会計士)とはどんな資格か資格保有者が解説します

こんにちは、たけぞうです。

「よくネット広告でUSCPAって見るけど、どんな資格なの?」
「おすすめの転職先はどこ?」
「地方に住んでいる自分には意味ないでしょ?」
今回はこういった疑問に答えます。

本記事では
USCPA(米国公認会計士)とはどんな資格か
がわかります。

この記事を書いている私は、社会人として働きながらUSCPAを取得して人生を逆転させました。
「仕事や勉強で苦しんでいる人の人生を、USCPAをきっかけに逆転させたい」をコンセプトに、USCPAの勉強方法やキャリアチェンジについて発信しています。

USCPAとは

概要

USCPAとはアメリカの会計士資格の略です。

USCPAとは(U.S. Certified Public Accountant, 米国公認会計士)、米国各州が認定する公認会計士資格です。
米国の資格でありながら、日本をはじめ世界中の様々な業種、職種、年齢の方が就・転職、キャリアアップなどのさまざまな目的でUSCPA試験にチャレンジされています。
このことからもUSCPA(米国公認会計士)は、世界で最も広く認知されたビジネス資格と言っても過言ではありません。

出典:アビタスHP

その他の特徴としては、アメリカの資格でありながら、日本国内でも受験可能(東京・大阪)です。
昔は受験のためにわざわざアメリカ本土に行かなければいけませんでしたが、現在は受験のハードルが下がっています。

またビック4と言われる大手を含め(新日本、あずさ、トーマツ、PwC)、高給とされる監査法人に転職できるのも大きな特徴です。

また世界的経営コンサルタントの大前研一さんが、有用であると判断する資格の一つとしてUSCPAを挙げてらっしゃいます。

日本の資格の大半は、役所の許認可権拡大拡充のために設けられていたり、もはや内容が古すぎて、グローバル・ビジネスの最前線ではもちろん、国内ですら通用しなくなりつつあるからだ。
(中略)
資格取得によって地位や雇用が確保できるわけではない。
このことを踏まえた上で、私が有用と判断する資格を2つ紹介しよう。

●MBA(米国経営学修士)
●USCPA(米国公認会計士資格)

以上がサラリーマンが目指すべき2大資格である。これらは、当然のことながら相当に高い英語の能力も必要とされる。資格取得を目指すなら、このレベルを目標とすべきである。

出典:ドットコム仕事術(大前研一 著)

USCPAのメリットとデメリット

メリットデメリット
働きながら合格を目指せる公認会計士&税理士資格よりも
キャリアが限定されやすい
高給の監査法人に転職可能地方に求人がない
仕事に活かせる英語力が身につく受験コストが高い

USCPAの最大のメリットは、働きながら合格を目指せて、高給の監査法人に転職可能であることです。
日本の公認会計士資格のように、仕事を辞めて受験に専念する必要はありません。
監査法人ではUSCPAと公認会計士は同じ待遇であるため、転職できれば非常にコスパのいい資格と言えます。

また、コロナ過により在宅で働きたい人にとってもメリットがあります。
USCPA保有者の求人をみると在宅OKなものが多く、私がいた監査法人でも現在週3日以上は在宅勤務になっているそうです。
在宅ワークで働ける資格を中心に検討されている方は、資格ハックさんのサイトが参考になると思います。

反対に最大のデメリットは、公認会計士や税理士と比べるとUSCPAはキャリアの幅が限定されやすい点になります。
前者は専門家として独立開業もできるのに対して、後者はサラリーマン以外の選択肢がほぼないです。
また求人も税理士などに比べると少なく、首都圏など大都市に偏っています。

USCPAのメリット・デメリットについては以下の記事で詳しく解説しています。

USCPAを取得するメリットとデメリットを合格者が解説! こんにちは、たけぞうです。 今回はUSCPAを取得するメリット・デメリットについて解説していきます。 「USCPAの取得を...

USCPAを検討すべき人

USCPAの取得を、本気で検討してほしい人は以下のとおり。

  • ノルマがつらく仕事内容にも嫌気がさしており、将来が不安な銀行員または信用金庫職員
  • 税理士試験に今年も科目合格できず、会社の給料にも満足していない会計事務所職員

両者はUSCPAの受験に有利です。
銀行で総合職として勤務している人は、大学受験で英語を勉強してきており、実務で財務・税務・ファイナンスの基礎が身についている人がほとんどだと思います。
また会計事務所で働いている人も、簿記と税務に深い知識を持っているため、合格に有利に働きます。

監査法人に転職出来れば、専門知識を活かして仕事ができるため、得意先にペコペコ頭を下げてお願い営業をする必要はないです。
給料もそこそこ良く、1年目から年収は500万円以上だったりします。
絶対に独立開業したいわけでもなく、何年も税理士試験に落ち続けて疲弊しているくらいなら、視点を変えてUSCPAを検討してみてはいかがでしょうか。

USCPAの転職先

主な転職先

USCPA取得後の主な転職先は以下のとおり。

  • 監査法人
  • 一般事業会社(経理・財務)
  • 税理士法人・会計事務所
  • コンサルティングファーム

USCPA取得者は、会計業務未経験でも上記の企業からオファーを得ており、幅広い業種や職種においてそのスキルを活かすことができます。

監査法人をおすすめする理由

まだ明確なキャリアプランがない人には、とりあえず監査法人に入ることをおすすめします。
その理由は下記のとおり。

  • 年収がそこそこいい
  • USCPAを一番活かせる
  • ハブキャリアとして最高

監査法人の年収の目安は、スタッフ500-600万、シニアスタッフ700-900万、マネージャー900~1,100万、シニアマネージャー1,200万~、パートナー1,700万~となっています。
基本的にまずはスタッフとして転職することになりますが、マネージャーまでは基本的に4年ごと昇進するため、安定して昇給も見込める企業と言えます。

「ハブキャリア」とは、さまざまな業界・職種から入ることが可能で、かつ、さまざまな業界・職種に転出することが可能な仕事です。
世界中のフライトの発着拠点となるハブ空港になぞらえて呼ばれています。

監査法人は、USCPAを取得すれば会計業務未経験でも入社することが可能で、次の転職先でも幅広い選択肢が生まれます
したがって、自分のキャリアプランが明確でなければ、とりあえず監査法人に入っておくことをおすすめします。

監査法人への転職についての詳細はこちらの記事を参考に。

USCPA取ったら監査法人へ転職すべき理由5選【年収アップしたBIG4出身者が解説】 こんにちは、たけぞうです。 今回は、USCPAを取得したら監査法人への転職をおすすめする理由について解説します。 この記事...
USCPAが監査法人に転職してつらかったことと対策方法【3選】 こんにちは、たけぞうです。 USCPAを取得して監査法人への転職を検討している人で 「監査法人に転職してもついていけるのか...

地方在住でもチャンスはある

USCPAの求人は、首都圏や大都市がほとんどです。
したがって地方に住み続けたい人は、USCPAの取得をあきらめてしまうことがあります。
そんな人に向けて、USCPAとして地方で働き続ける方法を紹介します。

  1. 地元の求人を探す
  2. 求人のある近隣の大都市に引っ越す
  3. 期間限定で首都圏の監査法人で働いたあとに地元に戻る

私が一番おすすめするのは、「期間限定で首都圏の監査法人で働いたあとに地元に戻る」です。

BIG4と呼ばれる大手監査法人には、全国に地方事務所が存在します。
いきなりそこで働くことができればベストですが、基本的に公認会計士の人しか求人がないケースがほとんどです。
転職先との交渉次第だと思いますが、USCPAとしていきなり地方事務所に転職するのは現状難しいと思われます。
したがって、一度東京などの首都圏の事務所に転職し、3~5年程度監査経験を積んでから地元の事務所に異動するルートをおすすめします。
監査法人内での異動はわりと頻繁に行われているため、希望通りに行くケースが多いです。

最悪希望通りにいかなかったとしても、貴重な「監査経験」を身につけた後に、地元の上場企業の経理・財務部門に転職することも十分可能です。

USCPAとして地方で働き続ける方法については、こちらの記事を参考に。

【地方出身者が解説】USCPAとして地元で働き続ける方法 こんにちは、たけぞうです。 今回は、USCPAを取得して地方で働き続ける方法について解説していきます。 「将来独立するつも...

USCPA試験について

難易度

USCPA試験の出題方針は、「浅く広く」が特徴の試験です。
各科目75%が合格の目安とされおり、会計士としての基本知識を問う問題ばかりです。
したがって難易度の高い問題はほとんどないため、日本在住者の平均合格率は43.1%となっています。(出典:アビタス)

USCPA受験生のほとんどが社会人ですが、キャリアを中断させる必要がなく働きながら合格を目指せる点が大きなメリットです。

他の会計資格や科目別の難易度比較については、下記記事を参考にしてみてください。

【難易度は?英語力はどの程度必要?】USCPAの難易度を資格別・科目別で徹底比較! こんにちは、たけぞうです。 「USCPAってどれくらい難しいのかな」「英語が苦手な自分でも狙える?」「どういう問題が出るんだろう...

社会人の勉強期間

USCPA合格までの勉強時間は、受験する人のスペックにも大きく左右されるため一概には言えません。
ですが自分や周囲の人の経験から、あえて目安をお伝えするとしたら下記のようになると考えています。

USCPAは約1,000~2,000時間、社会人であれば1~2年程度合格できる資格だと思います。

会計の知識はもちろん、英語の長文問題に対する情報処理能力も求められるため、いずれかの知識があれば1年半程度で合格が可能だと考えています。
(USCPAを目指す人は上記2か3の人がほとんどではないでしょうか)

ちなみに私の場合、多く見積もっても平日2時間・休日4時間の勉強で、1年10か月で合格しました。
忙しいときは1日30分しかできないときもありましたし、本当に集中力がないので休日は4時間が限界でした・・・。

勉強方法

凡人の社会人が1年半でUSCPA合格を目指す勉強方法については、以下の記事で解説しています。

【USCPAを1年半で】凡人が働きながら合格できる勉強法【再現性あり】USCPAの勉強法を働きながら1年10か月で合格した筆者が徹底解説!凡人でも再現性があり、社会人が1年半で合格できる方法をお伝えします。...

私の約7年に及ぶ資格試験の経験(税理士試験、USCPA、TOEIC、銀行系の資格)と、数十冊にも及ぶ勉強法の本で得た知識を注ぎ込んだ内容となっているので、ぜひ参考にしてみてください。

USCPAの費用

USCPAに必要な費用は以下のとおりです(スクールはアビタスを想定)。

内容金額
スクール受講料(アビタス)58~78万円
試験受験料(約7万×4科目)28万円~
その他申請費用等数万円
USCPA費用合計約90~110万円

USCPAの費用は合計で約90~110万円以上はかかります。
100万円を超えてくるとか、他の他の資格と比べるとメチャ高いですよね・・・笑

試験受験料とは科目ごとに発生するもので、
試験料US$225+日本会場手数料US$360=約7万円
になります。
アメリカの資格を日本で受験するため「日本会場手数料」が発生し、約US$360(約4万円)上乗せされます。
不合格でもう一度受験する場合、また7万円を支払わなければなりません。

私の場合、USCPAの総費用は約120万円ほどでした。
AUDとBECで合計2回落ちたので試験受験料は7万円×6回=42万円払いました・・・。
また当時は地方に住んでいたので、受験のたびに東京に行って受験していたため、新幹線代とホテル代で合計20万円は使ったと思います。

当時は会計事務所で安月給だったので、出費が本当にツラかったです・・・。
ただ合格後は監査法人に転職できたので、東京で一人暮らしになってもわりとすぐに回収できました。
やはり高給な監査法人に転職しやすいのがUSCPAの最大のメリットです。

スクール

USCPAのスクールは、結論、アビタスをおすすめします(私もアビタスでした)。
アビタスならではのメリットは以下のとおり。

  • 単位認定試験が自宅のPCで受けられる
  • 問題集すべてに日本語訳がついている
  • 申請などのフォローが手厚い

特に問題集すべてに日本語訳がついているのは、ポジショントーク抜きで最大のメリットだと断言できます。
これによって効率的に勉強することができます。

一方TACの場合、日本語英語が混ざった説明のテキストとなっています。
TACで受験していた知人は「問題集が日本語と英語が入り混じって読みづらい…」と嘆いていて、合格までに3年以上費やしていました。

「実際に日本語訳やテキストを見てみたい!」場合には、アビタスの個別カウンセリングで対応してくれるそうです。

USCPA予備校のアビタスとTACの比較については、こちらの記事を参考に。

USCPA予備校のアビタスとTACを徹底比較【両方の教材を使用した合格者が解説】 あなたはこんな悩みをかかえていませんか。 USCPAに興味あるけど、どの予備校がいいかわからない予備校選びで失敗して、受講料50...

以上!