USCPA資格とは

USCPAの費用総額と安くする方法を合格者が解説|本サイトで紹介割引できます

  • 「USCPA(米国公認会計士)に挑戦したいけど、総額でいくらかかるかわからない」
  • 「USCPAの取得費用を安くする方法はないかな…」
たけぞう

今回はこのような疑問にお答えします。

USCPA(米国公認会計士)はまだまだマイナーな資格です。海外と手続きをすることもあり、総額でいくらかかるかよくわかっていない人もいます。

そこで今回はUSCPAの取得にかかる費用総額と、また費用を抑える方法について解説していきます。

たけぞう
米国公認会計士

ポケモンにハマりすぎ単位ぎりぎりで地元の大学を卒業→銀行に入社するもツラすぎて1年で退職→税理士試験に挑むも1科目も合格できず挫折→働きながら1年10か月でUSCPA取得→BIG4監査法人(金融)
現在は大手財務アドバイザリーファームでM&A財務DD業務をやりながら、USCPAの勉強方法や監査法人への転職について発信してます。

USCPA取得までにかかる費用

USCPAの取得にかかる総費用は以下のとおりです。

USCPA取得までにかかる費用(支払タイミング順)

  1. 予備校費用:約30~80万円
  2. 受験手続き費用:約数万円
  3. 受験費用:約30万円+1回不合格ごとに約7万円
  4. ライセンス発行費用等:約10万円

総額約80~130万円(+1回不合格ごとに約7万円)

100万円を超えることもあり、USCPAは他の難関資格よりも費用がかかる資格です。

内訳をそれぞれ解説していきます。

予備校費用:約30~80万円

USCPAを取得するためには、予備校の利用がほぼマストです。

独学なら受講料はカットできますが、特に手続きの手間を考えると、最初からUSCPA予備校を利用した方が断然効率的です。

USCPA予備校によって、受講料の体系が異なります。アビタスやTACでは約50~80万円、プロアクティブは30万円の受講料となっています。

ただし目先の受講料だけしか見ていないと、予備校が自分に合わず、何度も不合格になり後述する試験料約7万円を払い続ける沼にハマってしまうかもしれません。USCPA予備校選びは慎重にやりましょう。

【関連記事】USCPA予備校の大手3社を徹底比較!【結論:トータルの受験費用で選ぶのがおすすめ】

受験手続き費用:数万円

USCPAの受験資格を得るために、

  • 英文成績証明書
  • 英文卒業証明書
  • 学歴評価料

が必要です。これら含めて約数万円ほどかかります。

受験費用:約30万円+1回不合格ごとに約7万円

受験費用は、主に初回出願手数料と、1科目ごとにかかる試験料と日本会場手数料があります。

  • 初回出願手数料:約2~3万円
  • 1科目ごと費用:試験料+日本会場手数料合計約7万円×4科目=約28万円

試験料と日本会場手数料の約7万円については、不合格になって再受験するたびにかかります。

私の場合、AUDとBECで合計2回落ちたので、受験回数は合計6回です。したがって7万円×6回=42万円払いました…。また当時は地方に住んでいたので、受験のたびに東京に行って受験していたため、新幹線代とホテル代が1回ごとに約3万円発生していました。交通費として追加で約20万円は使ったと思います。つらかった…!

ライセンス発行費用:約10万円

USCPAに全科目合格した後、ライセンスを取得するときにも費用がかかります。

  • 学歴審査
  • ライセンス申請料
  • AICPA倫理試験
  • 予備校のライセンスサポート費用など

これらを合計すると、約10万円程度になります。

そこそこ高いですが、ライセンスは後で申請しても問題ないので、転職後の年収がアップした後にライセンス申請してもいいかもしれません(ただし全科目合格から3年以内にライセンス申請することが推奨されています)。

USCPAの費用を抑える方法

前項では、USCPAの費用総額について解説してきました。

受験コストの高さから、USCPAへの挑戦を諦めてしまう人もいると思いますので、USCPAの費用を少しでも安くする方法をお伝えします。

講座費用が安い予備校を選ぶ

USCPA予備校の中には、受講料が安い学校もあります。主にプロアクティブが挙げられます。

プロアクティブ(ProActive)は、USCPA専門スクールであり、圧倒的にリーズナブルな料金体系が特徴です。

プロアクティブ
USCPA講座
eラーニングコース通学コース通信コース
特徴最もリーズナブル通学(港区虎ノ門)が
メイン
自宅がメインで
通学も可
入学金11,000円11,000円11,000円
受講料319,000円385,000円385,000円
別売:
テキスト冊子(*1)
13,200円
(1科目3,300円)
0円 0円
別売:
単位申請代金(*2)
約27,500円~
(3単位あたりUS$250)
約27,500円~ 約27,500円~
合計:
0単位の場合
343,200円396,000円396,000円
合計:
15単位の場合
480,700円533,500円 533,500円
合計:
54単位の場合
825,000円891,000円891,000円
出典:プロアクティブHP
(*1):PDFのみ配布されるが、印刷が面倒ならテキスト冊子を購入することになる。
(*2):1ドル110円と仮定。

【関連記事】プロアクティブのUSCPA講座費用はなぜ安いのか|評判、アビタスとの違いも解説

30万円台から受講できるため、他の予備校(約50万円以上)と比べても圧倒的に安いです。ただし教材のボリュームが比較的少なく、なかなか合格できないため他校に乗り換える人が一定数いるのも事実です。

何度も不合格になってしまうと、その都度受験費用(約7万円)がかかる資格なので、USCPA予備校を選ぶ際は予備校料金以外も検討しましょう。

合格者が解説|USCPA予備校の大手3社を徹底比較!【結論:トータルの受験費用で選ぶのがおすすめ】 USCPA(米国公認会計士)予備校は主にアビタス、TAC、プロアクティブがありますが、予備校選びは非常に重要で...

割引制度を最大限活用する

USCPA予備校には各種割引制度があります。

以下はUSCPA予備校アビタス(Abitus)の割引制度の一覧になります。

割引内容割引額他の割引との併用可否
紹介割引入学金11,000円OFF〇併用可
新卒1年目割引30,000円OFF〇併用可
学生割引30,000円OFF〇併用可
資格割引、英語検定割引5,000円~30,000円OFF〇併用可
単位既取得者割引ケースバイケース×併用不可
他校学習経験者割引・入学金11,000円OFF
・受講料20%OFF
×併用不可
一般教育訓練給付制度
(他校でも利用可能)
受講料20%OFF
(上限10万円)
〇併用可
(*):最新の割引情報についてはアビタスに要確認

【関連記事】アビタス(Abitus)の割引制度を合格者が解説

たけぞう

元アビタス受講生の私の紹介で、入学金11,000円(税込)が割引できます。

アビタス紹介割引のやりかた(たけぞうを紹介者として申請)

【ステップ①】当サイトの『お問い合わせ欄』または『TwitterのDM』に、以下の情報を全て記載してたけぞうに連絡する。

  • お名前
  • オナマエ(カナも忘れずに!
  • メールアドレス(自動メールが受け取れないアドレスは避けてください。例:@icloud.com、@i.softbank.jp、@163.com
  • 件名「アビタス紹介割引の依頼」

【ステップ②】たけぞうが上記情報を元に申請し、依頼者にアビタスから自動メールが届く。

【ステップ③】自動メールの内容に従って手続きすれば入学金11,000円が割引!

注意点:たけぞうによる申請後、翌月末までに依頼者が申込手続きを終え、受講料の全額入金(またはローン可決)を完了することが必要です。翌月末までに全額入金できなかった場合、たけぞうに連絡ください。再申請します。

割引制度はとことん利用しましょう。

まとめ:USCPAは費用は高いがすぐ回収できる

今回は、USCPAの取得費用について解説しました。

取得するのに約100万円もかかってしまう資格ですが、合格してしまえば、監査法人など高年収先に転職しやすいので、すぐに回収できる資格です。

USCPA取得後に年収が400万円から500万円にアップできれば、たった1年でUSCPA取得費用が回収できてしまいます(税金等は考慮しない)。単純な計算になりますが、この例ではUSCPAは年間利回り100%の資格試験といえます。

上場インデックスファンド米国株式(S&P500)の期待平均リターンは約7%といわれていますから、USCPAはかなり利回りの高い自己投資といえるのではないでしょうか。

どんどん自己投資をして、自分の年収も上げていきましょう!!

たけぞう

USCPAの予備校選びをこんな風に思っていませんか

  • USCPA予備校はどこを選んでも一緒
  • 資格大手の大原やTACを選んでおけばいいでしょ
  • とにかく安く済ませたい(予備校の費用だけしか見ていない)

このような思考だとほぼ確実に挫折します!

\後悔しないUSCPA予備校がわかる/