USCPA勉強法

【初学者必見】USCPAの学習スケジュールを私が決めます

こんにちは、たけぞうです。

今回は
USCPAの学習スケジュール(科目単位)を私が決めます
というテーマについて解説していきます。

USCPAは通年いつでも受験できるメリットがある一方で、どれくらいの勉強期間を経て受験すればいいかわからない初学者も多いはずです。

「ある程度実力が付いたら本試験の予約をしよう」と思っていたら、いつまで経っても自信がないため予約できず、ズルズル遅れてしまう人もいます。反対に実力不足なのに急いで試験を受けてしまったため、落ちてしまう人もいます。

そこで今回は、USCPA初学者の学習スケジュール(科目単位)を私が決めます。
今回は働きながら1年半でUSCPAを取得したい人を想定しています。

USCPAは受験時のスペックによって、合格までの期間が大きく変わる試験なので「絶対に誰でも1年半で合格できます!」とは言えません。
しかし学習計画の目安として発信する意義はあると思い、なんとか1年半で合格できるスケジュールを考えました。
それでは解説していきます。

この記事を書いている私は、社会人として働きながら勉強してUSCPAライセンスを取得。
大学受験と税理士試験で落ち続けた失敗と、数十冊にも及ぶ勉強法の本で得た知恵を活かし、USCPAの勉強方法について発信しています。

まず期限を決める

まずは科目ごとで受験日を先に決めます

「勉強を続けて、なんとなく実力がついてきたタイミングで・・・」というスタンスだと、全科目合格までズルズル遅れてしまいます。
USCPAを取得後に転職を考えているのなら、年齢は少しでも若い方がいいので短期集中で勉強すべきです。

そのためにも先に受験日を決めてしまい、自ら勉強せざる環境に追い込むことをおすすめします。

科目ごとの勉強期間の目安は以下のとおり。
FAR:5.5か月
AUD:4か月
REG:4.5か月
BEC:4か月

受験する順番としては、比較的英語力が必要ないFARが一番最初、WC問題が出題されるBECは一番最後に受験することをおすすめします。

最初に期限設定をすることは本当に大事なので、以下の記事も参考にしてみてください。

USCPAの勉強を始める前に絶対にやるべきこと【結論:明確な期限設定】 「どうやって勉強スケジュールを立てたらいいかわからない」「時間とお金のムダにならないようにさっさとUSCPAに合格したい・・・」こうい...

2つのフェーズにわける

科目単位で学習スケジュールを計画するときは、大きく2つのフェーズにわけましょう
2つのフェーズは以下のとおり。

  1. インプット期(約3か月)
  2. 整理期(1~2か月)

インプット期は、テキストの講義を受講して問題集を6周やります。
ここで最低限のインプットをしますが、記憶の定着の観点から、解く順番が重要です。詳細は、次項「忘却曲線に落とし込む」にて解説します。

整理期では、追加で問題集2周と、AICPAリリース問題をやります。
その際、問題集を上から順番に解くのではなく、各論点との違いや比較を明確にして、テキストを説明できるように勉強します。

歴史の勉強で例えるなら、ヨーロッパを昔から現在にかけて覚えてきた後に、各時代の中東やアフリカの周辺各国と比較しながら知識を整理していくイメージです。

この2つのフェーズにわけて勉強することで、本試験で問題集と違う問われ方をしても対応することが出来ます

忘却曲線を計画に落とし込む

エビングハウスの忘却曲線

「インプット期」と「整理期」にどのように進めたらいいか。

それは、エビングハウスの忘却曲線に従って勉強するべきです。

エビングハウスの忘却曲線については別の記事で詳細を説明していますが、結論、「翌日、1週間後、3週間後、1か月後・・・というように間隔を徐々に開けて復習する」ということです。
イメージは以下の図になります。

このタイミングで復習をすることで、効率的に記憶を定着させることが出来ます。
私も税理士試験の時はタイミングを全く考慮せしなかったため失敗してしまいました。それからUSCPAではこれを死守したところ、一気に覚えやすくなり、結果も出ました。

ただ、1日も狂うことなく厳密にこのスケジュールを守る必要はありません。
ゆるく、徐々に復習の間隔を空けていけばいいという感じでOKです。

そして、このエビングハウスの忘却曲線を実際の学習スケジュールに落とし込んだものが以下の表になります

ここではAUDを例にします。
試験日は4か月後で、アビタスのAUDの問題集は約600問とします。

インプット期(1~8週間)

インプット期では、問題集を分割して回転させます。
今回は600問を150問ずつ4ブロックにわけ、それぞれ2週間程度で4周するスケジュールとしています。
なぜ分割させるかというと、エビングハウスの忘却曲線において勉強当初の復習(翌日と1週間以内)が非常に重要だからです。

言い換えると、全ての問題(600問)を1周し終えてから2周目に突入してはいけません
それだと2周目に突入するころには1か月以上経過しており、最初に勉強した内容をすっかり忘れてしまうからです。

したがって、問題集を分割しブロックごとに回転させることで、効率的に記憶を定着させることが出来ます。

前述しましたが、コツとしては復習のタイミングを厳密に管理しようとしないことです。
タイミングは非常に重要ではあるものの、逆に管理に時間をかけすぎてしまうと肝心の勉強時間がなくなり、本末転倒になります。

私は「翌日→1週間後→その翌日くらいの間隔でできればいい」というスタンスで復習してました。忙しくて翌日にできなかったり、1週間を超過してしまうこともたくさんありましたが、気にせず復習していました。
現在、英語や仕事の勉強をするときも、このやり方でやっています。

インプット期(9~12週間)

そして、全てのブロックを4周回転させてから、もう一度回転させます(5~6周目)。
ここのタイミングで復習することで、長期記憶として勉強内容が脳に定着し始め、インプットをより強固なものにします

すでに4周回転させているので、勉強当初に比べて問題が早く解けるようになっているはずです。
そして成長した自分を思いきり褒めましょう
こういった小さな成長に気づくようにするのも、モチベーションを維持するために非常に重要です。

ただし試験まで時間がない場合は、この時点での復習を省略することも考えられます。
特にボリュームの多いFARなどの科目については、完璧に覚えていた問題や、3回連続で正解したものはここで省いてもいいと思います。

整理期(13~16週間)

整理期では、AICPAリリース問題と問題集を追加で2周(7~8周目)ほど勉強します。

AICPAリリース問題の重要性については、下記記事を参考にしてください。

【予備校の問題集だけでは不十分】USCPAに最短かつ確実に受かりたいなら、AICPAリリース問題をやり込むべき理由 こんにちは、たけぞうです。 社会人として働きながら勉強してUSCPAライセンスを取得。四大監査法人に転職して年収200万円アップ...

問題集については順番通りに解き進めていくのではなく、各論点との違いや比較を明確にし、テキストを説明できるくらい理解しながら勉強します。

例えば
「監査業務とレビュー業務と証明業務の違いは?」
「監査計画、重要な虚偽表示リスクの評価、内部統制、実証手続でそれぞれやることの違いは?」
「詳細テストと分析的手続の違いは?このケースではどちらが適している?」
というような違いを、自分の中で説明できるようにします。
つまり、「まぎらわしいな・・・」と感じた各論点の問題をそれぞれ解いていくイメージです。

AICPAリリース問題と問題集を同時並行で進め、本試験に向けて追い込みをかけましょう。

以上!

その他の時間術や勉強方法についてはこちら。

【USCPAを1年半で】凡人が働きながら合格できる勉強法【再現性あり】USCPAの勉強法を働きながら1年10か月で合格した筆者が徹底解説!凡人でも再現性があり、社会人が1年半で合格できる方法をお伝えします。...