アビタス

プロアクティブのUSCPA講座費用はなぜ安いのか|評判、アビタスとの違いも解説

「USCPA取りたいけど、プロアクティブの講座費用は約30万円らしい・・・他の予備校と比べてめちゃくちゃ安いけど、ここを選んでも大丈夫かな」

たけぞう
たけぞう
安いのには理由があります

USCPA講座を受講するにあたって、予備校選びは重要です。

USCPA予備校は主にアビタス、TAC、プロアクティブ、大原が挙げられますが、その中でもプロアクティブの講座費用は約30万円からであり、他と比べても圧倒的に安いです。

USCPAは取得にお金のかかる資格ですから、予備校代も安く済ませたい気持ちは非常によくわかります。
ただ料金だけで選んでしまうと、講義や教材と相性が合わず、なかなか合格できない可能性もあります。
結果、何度も再受験をしてしまい、トータルの受験費用がかかってしまいます。

今回は、
プロアクティブのUSCPA講座費用が安い理由と、プロアクティブを選ぶべき人
について解説します。

この記事を読んで慎重に予備校を選ぶことで、合格までのトータルの費用と時間をムダにすることがなくなります。

この記事の結論
  1. プロアクティブが安いのは、単位認定試験などが別売りだから
  2. 単位取得が約28単位以下で済むなら、他校よりもプロアクティブのほうがお得
  3. 講座費用以外に教材、講師、自分の英語力を考慮してプロアクティブを選ぶべきだが、多少高くてもアビタスをおすすめ

この記事を書いている私は、社会人として働きながら1年10か月でUSCPAライセンスを取得。
エリートでも留学経験もなく、大学受験と税理士試験で落ち続けた落ちこぼれが、USCPAを取得して人生を逆転させました。

それらの経験と数十冊にも及ぶ勉強法の本で得た知恵を活かし、「仕事や勉強で苦しんでいる人の人生を、USCPAをきっかけに逆転させたい」をコンセプトにUSCPAの勉強方法について発信しています。

プロアクティブUSCPA講座を解説

プロアクティブとは、USCPA専門の予備校です。
主な特徴は、

  • 講座費用の安さ
  • NY州での出願をおすすめしている(他の出願でもOK)
  • テキストは英語(書き込み式)、講義は日本語

となります。

プロアクティブが安い理由

  1. 受講料29万円(税抜)にフォーカスしているから安く見える(入学金、テキスト、単位取得代金は別売)
  2. 講義動画は教室での講義をそのまま使っておりコストをかけていないから安い
  3. 教材のボリュームを圧倒的に絞り込んでいるから安い

それぞれ解説していきます。

受講費用

プロアクティブのUSCPA講座費用は以下のとおり。

プロアクティブ
USCPA講座
eラーニングコース通学コース通信コース
特徴最もリーズナブル通学(港区虎ノ門)が
メイン
自宅がメインで
通学も可
入学金11,000円11,000円11,000円
受講料319,000円385,000円385,000円
別売:
テキスト冊子(*1)
13,200円
(1科目3,300円)
0円 0円
別売:
単位申請代金(*2)
約27,500円~
(3単位あたりUS$250)
約27,500円~ 約27,500円~
合計:
0単位の場合
343,200円396,000円396,000円
合計:
15単位の場合
480,700円533,500円 533,500円
合計:
54単位の場合
825,000円891,000円891,000円
出典:プロアクティブHP
(*1):PDFのみ配布されるが、印刷が面倒ならテキスト冊子を購入することになる。
(*2):1ドル110円と仮定。

プロアクティブの広告では「USCPA講座29万円から!」と表示されていますが、それは入学金や単位申請代金が含まれていない受講料のみ(税抜)だから安く見えるのですね。

単位申請代金は3単位当たり27,500円であり、必要な取得単位数が増えれば増えるほど、総額費用も増えるしくみとなっています。

単位取得がまったくなければ費用総額は約34~40万円になりますが、0で済むケースは少ないと思われますので、実態として約50~90万円になると思われます。

アビタスとの料金比較

アビタスUSCPA講座税込
ライトパック(約15単位)605,300円
フルパック(53単位=会計29単位+ビジネス24単位)804,800円
出典:アビタスHP
(*):入学金11,000円含む

15単位を取得するのであれば、プロアクティブのほうがアビタスのライトパックより約7~12万円安く済みます。
一方、53単位取得するのであれば、アビタスのフルパックのほうが約2~8万円安いことになります。

私のほうで簡便的に計算した結果(*)、必要取得単位が28単位以下ならプロアクティブのほうがお得、28単位を超えるならアビタスのほうがお得になると思われます。

(*):2022年1月時点の情報であり、プロアクティブE-learnigコース(キャンペーン割引を考慮しないもの)、2022年1ドル110円を前提とした簡便的な試算であることに留意してください。

単位取得をほとんどする必要のない人(例えば大学時代に会計単位を多く取得していた人)は、プロアクティブが金額的にお得と言えるでしょう。

講義動画は教室での講義をそのまま使っている

プロアクティブでの講義動画はE-leaning用に作成・変種されたものではなく、教室で行われた講義の動画をそのまま転用しています。

そのような動画でも十分学習可能だと思いますが、受講生にとっては少し優しくない気もします。
ただし、こういった手間をかけていないからこそ、リーズナブルな価格設定ができるのだと思われます。

ちなみにアビタスの講義動画はE-leaning用に作成されており、講義中に画面で下線などで表示してくれるためわかりやすいです(私も受験時代はありがたかったです)。

教材

プロアクティブの教材は、英語と日本語のハイブリッドのオリジナルテキストであり、書き込み式となっています。

テキストはシンプルではあるのですが、逆にシンプルすぎて「レジェメ」感があり、好みが分かれるかもしれません(私は向いていないかも・・・)。
⇒プロアクティブ公式HP オリジナル教材

また教材のボリュームも少なく、アビタスよりもテキストが薄いです。
アビタスでも「最低限のボリュームだな」と感じていた私にとって、プロアクティブは相当絞り込んでいる印象です。

ただしプロアクティブは、テキストに加えて過去問7,000問以上をチャプター別に解説しています。

USCPA試験において過去問をやり込むことはめちゃくちゃ重要ですので、過去問の量と解説が充実していることはメリットになりますね。

講師

プロアクティブといえばこの人、佐々木講師です。

キャラが濃く、熱い方であり、ある意味人を選ぶ講師かと思います。
(親戚のおじさんくらいの距離感だったらいいな、と私は思っちゃいますが笑)

プロアクティブに決める前には、サンプルの講義動画を必ず見てから判断してほしいと思います。
⇒プロアクティブ公式HP サンプル講義

単位認定試験は自宅でOK

USCPAを受験するためには、単位認定試験を受ける必要があります。
プロアクティブの場合、自宅のPCから受験可能となっているため、取得が非常にラクです。

一方TACでは、単位認定試験も試験会場(東京または大阪)に出向かねばなりません。
TACで受講していた同僚は、毎回御茶ノ水ソラシティまで行くのが本当にダルいと嘆いていました・・・。

単位取得がスムーズという点において、プロアクティブは優れていると言えます。
地方在住の人でも、単位取得のためだけにわざわざ東京や大阪に行かなくて済みますからね。

受講サポート

プロアクティブのUSCPA講座のサポート期間は5年間であり、他校と比べても良心的です。

一方デメリットとして、校舎が東京都(港区虎ノ門)にしかないため、地方在住の人は通学コースは選べないかなと。

割引制度

プロアクティブは、独自の割引制度はありません。

最大20%オフ(上限10万円)になる教育訓練給付制度のみです(プロアクティブ以外のアビタスやTACでも適用可能)。

ただし、時期によってはキャンペーン割引を行っており、
2022年1月までは総額363,000円が(入学金11,000円、E-leaning受講料319,000円、準備講座33,000円)、220,000円まで割引されています。

一方このキャンペーンは、単位取得料金が1単位あたり10,000円となっており、通常価格の1単位あたり金額9,166円(3単位当たり約27,500円、1ドル110円とした場合)よりも少し割高な設定となっているため、多くの単位取得が必要な人は総額費用もちゃんと確認するようにしましょう。

プロアクティブの評判・口コミ

Twitterで、プロアクティブの評判や口コミをまとめました。

プロアクティブ(P校)で合格した人の声

テキストや講師の評判

プロアクティブからアビタス(A校)に乗り換える人も

上記のツイートは、アビタス卒業生である私が恣意的に選んだものではありません笑
「P校」で検索したものを、ほぼそのまま載せたのですが、プロアクティブを選んでからアビタスに乗り換えたり、メルカリでアビタスのテキストを使用している人が多い印象でした・・・。

メルカリでは、アビタスのテキストが約数万~10万円程度で売られていますが、だったら最初からアビタスにしとけばいいんじゃないかと思いましたが笑、やはりプロアクティブの安さが魅力的なんですね。

プロアクティブに向いている人

結局、プロアクティブに向いているのはこんな人かと。

  • ある程度の前提知識がある人(ダブルライセンスを狙う公認会計士、海外MBAホルダー、海外勤務経験者)
  • 必要な取得単位が少なく(最低でも28単位以下)、初期費用を抑えたい人
  • インプットを英語でやりたい人・英語力がある人
  • 佐々木講師のサンプル動画を見て面白い!、続けられそう!と思った人

プロアクティブは比較的教材のボリュームが少なく、講義動画の質も優れているわけではないので、ある程度前提知識のある人におすすめになります。

またどうしても初期費用を抑えたい人にとっても、特にキャンペーン時期を狙えば、プロアクティブがおすすめかと。

教材のボリュームの少なさはメルカリでアビタスのテキストを購入したり(あまりおすすめはしませんが)、過去問をやり込むことでフォローすることも可能です。
ただし、USCPAは1科目ごとに試験料約7万円がかかる制度のため、何度も不合格になってしまえば当然トータルの費用がかさんでしまうので、その点は注意が必要です。

初期費用だけにとらわれず、勉強しやすさも重視して予備校選びをしてください。

まとめ:講座費用以外もしっかり検討しよう

プロアクティブを選ぶべき人は限定的か

プロアクティブは講座料金が安いことが特徴です。

費用以外にも、必要な単位取得数、教材・講師・講義動画の相性、自分の英語力などを検討して、プロアクティブを選んでください。

⇒プロアクティブから無料で資料を請求する

資料請求フォームを送れば、即、デジタル資料が閲覧できます。

アビタスにも割引制度がある

正直、プロアクティブは費用以外に検討することが多いので、限られた人向けだと思います。

私が多くの人におすすめできるのは、多少高いと感じてもやはりアビタスかなと。
教材のボリュームや動画の質などのバランスもちょうどよく、特に時間のない社会人におすすめできます。
アビタスにも割引制度があるのでご紹介しておきます。

割引内容割引額(税込)他の割引との併用可否
紹介割引11,000円併用可
学生割引30,000円併用可
新卒1年目割引30,000円併用可
他校学習経験者割引ケースバイケース併用不可
資格割引
(簿記1級、TOEIC800以上など
1つの資格に対して割引)
ケースバイケース併用可
単位既取得者割引ケースバイケース 併用不可
他校学習経験者割引・入会金11,000円無料
・受講料20%OFF
併用不可
一般教育訓練給付制度
(プロアクティブ、TAC、
大原でも利用可能)
受講料の20%OFF(上限10万円)併用可
注:アビタスの担当者からヒアリングベースで作成。2022年1月時点での情報であり変更される可能性があるため、最新の割引制度については直接アビタスにお問い合わせください。

紹介割引は、アビタスの卒業生から紹介してもらうだけで入学金11,000円(税込)が割引されます。
私たけぞうもアビタス卒業生ですので、アビタスでUSCPA講座を申し込みたい人は紹介します。
ご紹介に必要なのはお名前(フリガナ含む)とメールアドレス(※)だけですので、TwitterのDMお問い合わせ欄からお気軽にご連絡ください。

※メールアドレスは自動メールを受け取れるもので、例えば@icloud.com@ i.softbank.jp @ 163.comなどは避けてください。

また一般教育訓練給付制度は、ほぼすべての人が割引を受けられるためマストで使いたい割引です。制度の詳細や、アビタスのUSCPA講座を詳しく知りたい人はアビタスから無料で資料を取り寄せてみてください。

大して入力項目もないので、資料請求は1分で簡単に終わります。
(メール配信はそんなに大量に来ませんが、当然配信停止設定にもできます)

翌日~数日以内に、アビタスからこのような資料が届きます。

無料でアビタスの資料を取り寄せる

しっかり検討してUSCPA予備校を選んでください!

以上!

USCPA予備校のアビタスとTACを徹底比較【両方の教材を使用した合格者が解説】 あなたはこんな悩みをかかえていませんか。 USCPAに興味あるけど、どの予備校がいいかわからない予備校選びで失敗して、受講料50...